星屑リブレリーア

アマチュア作家。電子書籍を出すという趣旨の本を出したい。

身分も性別も愛の前では関係ない

「女体化した僕を騎士様達がねらっています―男に戻るには抱かれるしかありません!―」は私好みの要素をギュッと詰めこんでいる。
否応なしにフェロモンを撒き散らしてしまう女体化、男に戻ったあとのセックス、タイプの違う攻め二人……。
フェロモンで攻めはムラムラしちゃうし、本人もまんざらでなさそうなのがかわいい。
非力だったりフェロモンのせいで襲われやすいアルト君、あれでいて結構気の強いところがあって、素直でかわいいけど男の子なんだな〜ってニコニコしてしまう。

追記
特筆すべきはアルト君(にょた)の胸。
モチモチしている。あれはいい乳だ。